e0364382_18072751.jpg


3月15日に「テラ写の撮り方R vol.8 小島藤子の場合」がありました。

超多忙なテラウチマサト校長先生の講義を直に聞ける大事な日です。

テーマは「撮りづらい、撮りにくい、苦手タイプのモデルが来たときにどう撮るのか・・」でした。

今回の内容は、昨年の秋ころから自分が「ポートレート」についてずっと考えていたコトを明確に言語化してくれた回でした。

(自分にとって)大切なことがふたつありました。

<1>ひとつめ
ポートレートには3つの撮り方があるという。

ポートレートの3つの撮り方

(A)◯◯さんを◯◯さんらしく撮る
  「あ、◯◯さんだ。いつも可愛いなあ」という写真。
  モデルが個性的であればあるほど、このパターンになる。

(B) 少し離れたところからスナップっぽく撮る。
  中望遠〜望遠で、気づかれないうちに撮る。
  「あ、この人はこんな表情をするんだね」という写真。
  今回、テラウチ校長がNHKの大河のスチールで柴咲コウを撮ったのがこの撮り方。

(C)◯◯さんをモデルにしながら
  ◯◯さんを元に自分が撮りたい写真を撮る。

例えば写真の撮影でなくて、これが料理でテーマが「大根を調理(料理?)する」だとしたら

(A)は大根がそのまま出てくる。
(B)は大根おろしが出てくる。
(C)はふろふき大根とかおでんが出て来る。
みたいなこと。

写真家とモデルの関係性がうまく作れないと結果は(A)パターンになる。

それは泣いたり笑ったりの「絶頂期を撮るポートレート」とも言える・・

そして
撮影の難易度はA→B→Cの順に高くなる。
Aが一番難易度が低い。

絶頂期を撮るのではなく、移ろいゆく瞬間、感情の変化を撮るのが良い、と校長先生は言う。

「ああ、そうですよね。」と大きく頷いたところでありました。

(A)は、凡そプロと呼ばれる人は全員が撮れる(ハズと自分は思う)。
そして巷間流行している殆どの「プロフ写真」というのはこの(A)を抜け出していない(と、思う)。

<2>ふたつめ
『ポートレートとは背景である。』
2つめはこの一言で十分でした。
「そうそうそう」と何度も頷いた。
そのことばかり何ヶ月も考えていたから。
わからない人には何のことかさっぱりわからないと思うが。

他にもポートレートを撮るときに大切なことやぶっちゃけ話がたくさんありましたが、この2つを理解するだけでお腹いっぱいな感じでした。

e0364382_02094741.jpg

[PR]
# by web-photo | 2017-04-07 18:08 | テラウチ校長 | Comments(0)
e0364382_15030981.jpg

【起業主婦向けワンディ写真教室「モノを撮る」】を実際に受講していただき、ワークショップの内容をブラッシュアップしました。

まずは★WebShopにアップする商品写真の撮影を勉強したい方向け

「起業主婦向け」とタイトルにありますが、
男女問わずショップオーナーの方など大歓迎です。

◇講義内容:ワンディコース
(1)ご自分のカメラの使い方  
(2)写真の基礎・理論編(写真撮影の基本・座学)
(3)実践で身につけること(実践)        
  前半:昼間、窓辺で撮る 簡易セット+レフ板 組み方と撮影   
  後半:暗所でも夜間でも撮れる 撮影BOX+照明 を使う   
  応用:雰囲気のある物撮り スペシャルメニュー
(4)QA&レタッチ レタッチについて&まとめ

実践ではこんな写真が撮れる様になります。
使うカメラ・レンズによって仕上がりは異なります。
これらは一眼レフ+単焦点(50mmF1.8または35mmF1.8)で撮影しています。

<前半・後半>
e0364382_14503445.jpg

e0364382_14503533.jpg

e0364382_14503323.jpg

<応用>
e0364382_14503695.jpg

e0364382_14503647.jpg

e0364382_14503581.jpg

e0364382_14503474.jpg

◇費用:ワンデイ(実質4時間程度)で一人15,000円
 最少催行人員:1人から実施します。
 一人ひとりにできるだけ細かく説明をしたいので1回Max3人まで。

 カメラをお持ちの方はお持ちのカメラに合わせてお教えしますので、必ずマニュアルをご持参ください。

◇開催場所:六本木 おうちアンティークショップ・MidwinterModern      
 日比谷線六本木駅から徒歩3分

◇開催時間:開始10:00〜終了15:00       
 六本木 おうちアンティークショップで開催の場合は      
 途中に軽ランチ、休憩を含むみます。

◇お問い合わせ・お申込みはメールまたはFacebookのメッセージで以下まで。

◇メール宛先:info@ks-web-design.main.jp

---------記載内容---------
・件名:「写真教室」
・お名前・お住いの地域
・希望日程:3つくらいご記載ください
・撮影目的:物撮り・連絡先メールアドレス
e0364382_02094741.jpg

[PR]
# by web-photo | 2017-02-09 15:18 | ワークショップ | Comments(0)
e0364382_17023082.jpg


仏像というのは被写体としてかなり魅力的で、自分でも時々撮りにいくことがあります。

ホンモノの仏像を直接見て写真が撮れるところとなると限られてしまうのですが、近くて便利なのでよく行くのは「東京国立博物館」。

ここは常設展示の展示物は写真を撮ってもよい(但しフラッシは禁止)ことになっていて、意外に穴場です。

仏像も(レプリカだったりすると思いますが)何体か置いてあります。

仏像の中では奈良の広隆寺にある「弥勒菩薩」(弥勒菩薩半跏思惟像)あたりが撮ってみたいものの筆頭ですが、一体何が魅力的なのか。

それはたぶん弥勒菩薩の目線の先。

弥勒菩薩が彼なのか彼女なのか分かりませんが、菩薩なのできっと性別は超越してるんだろうなあと思いますが、半眼だから眼を開けているのか閉じているのかも定かでない。

その眼で一体なにを見ているのか。
その目線の先に一体なにがあるのか。

そのあたりが魅力を生み出しているのだと思います。

フォトグラファーとしては、それを「考えて・想像して 撮る」ですね。

次からやっと2回めの授業の内容に入れますが、実際の授業ではここで宿題が出ます。

この時の宿題は「私の好きなモノ」を撮ってくるというものでした。
宿題はプリントして持ってくるのですが、大きさはA4で3枚。

ビギナーコースでは宿題は月に3枚だけですが、これがなかなか侮れないんです。

---------------------------

フォトグラファー&WebデザイナーのKazeoが
【起業主婦向けのワンディ写真教室】を始めることにしました。

まずは★WebShopにアップする商品写真の撮影を勉強したい方向け

費用:ワンデイ(実質4時間程度)で一人15,000円
最少催行人員:1人から実施します。一人ひとりにできるだけ細かく説明をしたいので1回Max3人まで。

日程は平日昼間なら比較的自由に設定できますので、まずは希望日程をお教えください。 

開始 10:00 
終了 15:00(休憩時間を含みます)
場所 日比谷線六本木駅から徒歩3分の「おうちアンティークショップ」
   ご自宅などへの出張もOKです。

カメラをお持ちの方はお持ちのカメラに合わせてお教えします。
但し、必ずマニュアルをご持参ください。
カメラを持っていない、という方には主な使用目的を教えていただければ、ご予算・目的に合わせたカメラの選択指南も致します。

お問い合わせ・お申込みはメールまたはFacebookのメッセージで以下まで。

メール宛先:info@ks-web-design.main.jp

---------記載内容---------
・件名:「写真教室」
・お名前
・お住いの地域
・希望日程:3つくらいご記載ください
・撮影目的:「商品撮影」「人物撮影」など
・連絡先メールアドレス

e0364382_02094741.jpg

[PR]
# by web-photo | 2017-01-30 17:39 | 写真教室 | Comments(0)
e0364382_14180974.jpg

 少し前に、ワンディ写真教室の先にあるものとして『別途、本格的にWebサイト作成についてのご提案も可能です。』ということと

『フォトグラファー&WebデザイナーのKazeoが「デザイン+コンサル」をします。』
と書きましたが

この「デザイン+コンサル」というのは、ご相談を受けてからホームページが完成するまで責任を持って一緒に走る、と言うものです。アドバイスをするだけでなく、フォトグラファー&WebデザイナーのKazeoがオーナー様と一緒に作業をします。

ホームページを作るという場合、Webデザイナーが制作を全部行うのが普通ですが、Webデザイナーが制作を行うと言っても結局のところ写真や記事などのコンテンツはオーナー様側で用意しなければなりません。

デザイナーはオーナー様の希望通りのデザインにするために時間をかけてデザインをしていきます。そしてデザインが終わったところでコンテンツを埋め込んでいく。

それならデザインはすでに定評のあるテンプレートを使って、100%自分の思い通りのデザインにならないことはガマンして、デザインコストを下げるのが良いと考えました。

<5万円(+消費税+実費)で出来上がるもの>
本格的なデザインのホームページ一式

<費用について>
(1)一般的なホームページを作成する場合
   すべて込みで初年度58,740円〜
  (2年目からはドメイン管理料とサーバー賃料が必要) 

  (内訳)  
  ・コンサル料金5万円+消費税  
  ・テンプレート使用料:無料のものから、機能により1万円程度のものまで。
  (どれが向いているかはご相談)  
  ・ドメイン管理料:通常年間税込み1,500円程度(実費)  
  ・サーバー賃料:1年間税込み3,240円(ロリポップ・サーバーの場合)  
  ・メールフォーム:専門のフォーム会社のものを使います。無料〜使用できます。
  ・費用合計:初年度58,740円〜(無料テンプレートを使用し、無料メールフォームを使用した場合)。2年目からはドメイン管理料とサーバー賃料が必要です。Kazeoの「保守」が必要な場合はご相談ください。初年度の簡単な保守は無料で行います。

(2)通販ショップの場合   
   すべて込みで初年度60,480円
  (2年目からはおちゃのこネット使用料のみが必要)

  (内訳)
  ・コンサル料金5万円+消費税
  ・テンプレート使用料:
   ショッピングカート付ネットショップ開業サービス「おちゃのこネット」を使用。
   その費用が1年間で6,480円です。
  ・ドメイン管理料:おちゃのこネットのサブドメインを使うので無料。
  ・サーバー賃料:おちゃのこネットを使うので料金に含まれています。
  ・メールフォーム:おちゃのこネットを使うので安全なフォームが料金内で使えます。
  ・費用合計:初年度60,480円。2年目からはおちゃのこネット使用料のみが必要。Kazeoの「保守」が必要な場合はご相談ください。初年度の簡単な保守は無料で行います。【注】おちゃのこネットはショッピングカートという性質上、かなり手厚いセキュリティがついていますので、データ更新以外の保守は不要と思います。

<作業について>

(1)一般的なホームページを作成する場合
  各種テンプレート使用を前提とし、
  Kazeoが写真の加工(※1)、全体のデザイン、組み立てをします。
  写真、記事はオーナー様でご用意ください。
  簡単に言うと、オーナー様は写真と記事を準備するだけ。

(2)通販ショップの場合
  通販ショップが必要な方は「おちゃのこネット」で作成しましょう。
  おちゃのこネットはネットショップに必要な機能が全部揃ったセキュリティも万全な「ショッピングカート付ネットショップ開業サービス」です。おちゃのこネットも最初はとっつきにくいと思いますので、開業できるまでフォローいたします。
  オーナー様は販売したい商品の写真と詳細、店舗情報などを準備するだけ。

お問い合わせ・お申込みはメールまたはFacebookのメッセージで以下まで。
メール宛先:info@ks-web-design.main.jp
---------記載内容---------
・件名:「ホームページ」
・お名前
・お住いの地域
・初回ご相談希望日時:3つくらいご記載ください
・連絡先メールアドレス
・備考(ご自由にお書きください)


<おまけ・WebデザイナーKazeoの実績>
◆2011年10月21日kizukiウェブデザインスクール修了
◆2013年3月Webデザイナー向けの専門誌「Web Designing」が発行するメールマガジンに建築家・畑龍徳氏とのコラボによるサイトが「最新のWebサイト」として紹介される。
◆2013年6月Webデザイナー向けの専門誌「Web Designing」が発行するメールマガジンに賃貸マンションのサイトが「最新のWebサイト」として紹介される。
◆2014年にはTeam345が制作した自然療法サロンBemanaのサイトがWebデザイナー向けの専門誌「Web Designing」が発行するメールマガジンに「最新のWebサイト」として紹介される。(現在は別の方がリニューアルして違うデザインのサイトになっています)
◆2014年8月Webデザイナー向けの専門誌「Web Designing」が発行するメールマガジンに仙台にあるフラワーエッセンスのサロン『マリア・マリアージュ』のサイトが「最新のWebサイト」として紹介される。
◆2016年2月Webデザイナー向けの専門誌「Web Designing」が発行するメールマガジンに「東京を訪れる外国人向けに、東京をまるごと紹介する情報サイト」FEEL TOKYOが「最新のWebサイト」として紹介される。等

<おまけ2・フォトグラファーKazeoの2015年・2016年の受賞歴及び展示会>
・写真専門誌・PHatPHOTO 2015年7-8月号コンテスト6位入賞
・「京橋写真百景」プロジェクトに作品が3点選出。展示期間2015年8月20日~1年間。
・写真専門誌・PHatPHOTO 15周年記念フォトコンテスト 4位入賞
・2016年2月「御苗場」にグループで出展し「オーディエンス賞」で10位を獲得。
・2016年4月 御苗場出展がきっかけでiStock by Getty Imagesと契約。
 情報系サイトを始め各種媒体で多くの写真が使用されている。ブルガリアで小説の表紙に採用された写真もあり。
・2016年6月ギャラリーWにてクラス展開催
・2016年7月TOKYO INSTITUTE of PHOTOGRAPHY「美しい人ポートレート作品展示企画」に6点の作品を展示
・写真専門誌・PHatPHOTO 2016年11-12月号コンテスト9位入賞 
・写真専門誌・PHatPHOTO 2016年11-12月号にて 通巻1~96号までの16年間通しランキングにランクイン。
・写真専門誌・PHaTPHOTO「もうちょっとで入選!」(選外佳作)への掲載多数
<その他>
・デジカメエキスパート1級(デジタルカメラマガジン公認)
・第2種情報処理技術者(プログラマーとしての国家資格)

[PR]
# by web-photo | 2017-01-26 13:49 | Kazeo | Comments(0)
e0364382_15102255.jpg

モノの写真とコトの写真
どちらを撮るのが難しいかといえば
圧倒的にモノの写真でしょう。

カメラ(レンズのついたやつ)だけあれば、
それだけでコトの写真は撮れます。

カメラ1台だけで(もしかするとiPhoneだけでも)、世界的に有名な写真家になることが出来るかもしれません。

でも、モノの写真はそうは行きません。

たとえば「モノ」の写真をちゃんと撮るには様々な道具が必要です。

具体的な道具の名前もありますが、用途から言うとざっとこれくらい。
・撮影するもの=カメラですな。
・カメラが動かないように固定するもの
・品物を置く台・背景紙などを支えるもの
・背景紙など
・背景紙を固定したり、いろいろ固定するためのクリップやテープ
・カメラを固定したままシャッターを押すためのレリーズ
・光源になるもの

撮影する商品によってはもっといろいろあるでしょう。
ある程度の広さのスタジオも必要ですよね。

しかも、ただ持っているだけでは駄目で使い方も知っていないといけません。

そういう世界なので物撮りのすべてを心得ている、たとえば宝石や高級時計の撮影が出来るカメラマンは大変儲かっている(ハズ)です。

でも、そんな道具は主婦の方には揃えられない。
仮に揃えたとしても置く場所も設置する場所もない。

だから簡単な仕掛けで簡単に「物撮り」ができる方法を考えました。

<最低限必要なもの>
・カメラは普及価格帯の一眼レフ+おまけで付いている標準ズーム
(コンデジで大丈夫だと思います)
・台は備品の入っている衣装ケース(台になるものならなんでもOK)
・白い布(コピー用紙でも画用紙でも可)
・ホームセンターで買ってきた半透明のアクリル板少々(画材屋で1枚100円のラシャ紙の方が良い場合もあり)
・場所は普通のお家ならなんとかなります。

これで100点満点の写真は撮れませんが、90点くらいならイケると思います。

いつでも(夜は光源が必要ですが)思い立ったときに簡単に物撮りが出来ることが大切だと思います。

以下はそうやって撮ったモノ達です。
雁の金属製フォークレストだけ、他のと少し違う撮り方をしています。最近は大抵の家庭にあるものを台代わりに下に敷いています。

e0364382_15102118.jpg

e0364382_15102117.jpg

e0364382_15102239.jpg

e0364382_15102105.jpg
e0364382_15102096.jpg






---------------------------

フォトグラファー&WebデザイナーのKazeoが
【起業主婦向けのワンディ写真教室】を始めることにしました。

まずは★WebShopにアップする商品写真の撮影を勉強したい方向け

費用:ワンデイ(実質4時間程度)で一人15,000円
最少催行人員:1人から実施します。一人ひとりにできるだけ細かく説明をしたいので1回Max3人まで。

日程は平日昼間なら比較的自由に設定できますので、まずは希望日程をお教えください。 

開始 10:00 
終了 15:00(休憩時間を含みます)
場所 日比谷線六本木駅から徒歩3分の「おうちアンティークショップ」
   ご自宅などへの出張もOKです。

カメラをお持ちの方はお持ちのカメラに合わせてお教えします。
但し、必ずマニュアルをご持参ください。
カメラを持っていない、という方には主な使用目的を教えていただければ、ご予算・目的に合わせたカメラの選択指南も致します。

お問い合わせ・お申込みはメールまたはFacebookのメッセージで以下まで。

メール宛先:info@ks-web-design.main.jp

---------記載内容---------
・件名:「写真教室」
・お名前
・お住いの地域
・希望日程:3つくらいご記載ください
・撮影目的:「商品撮影」「人物撮影」など
・連絡先メールアドレス

e0364382_02094741.jpg

[PR]
# by web-photo | 2017-01-25 15:30 | Kazeo | Comments(0)

フォトグラファーKazeoのブログ「技術と感性について語る」


by web-photo